カバラとは


ゾハール解説

 

『ゾハール』は私達に何を教えてくれるのでしょうか?

 

 カバラの科学から私達が知っていることは、創造主が1つの願望(欲望)を創造し、その中からさらなる発達が生じたことです。

この1つの願望は非常におびただしい数の個人の願望を網羅しており、それらの互いをつなげて1つの体系(システム)、アダムと呼ばれる共通の魂を作り上げています。

その次に、創造主は彼の計画にしたがい、その同じ願望の部分の間にあったつながりを、破壊し始めました。

よって、それらはお互いとのつながりを失い始めました。

そして病気になった生物のように、臓器の正常な相互伝達が停止しました。

病気で身体のバランスが失われるとき、体温や血圧の上昇、血液の化学的変化などの症状がみられます。

それは体がそれ自体でその調和(バランス・均衡)がとれなくなるという病です。

何故創造主は魂たちに対して、このようにふるまうのでしょう?

それは、私達に堕落や不正を感じさせて、それを是正させるためです。

1つの体系を構成する私達という、部分間のつながりが損なわれたこの状態、またはこの病気は、私達の初期状態のなかへと染み渡り、私達はお互いとのつながりが、しだいに弱まることを感じ始めます。

このつながりの損失は、無限からの下降の125段階を構成し、私達が互いと無限に結ばれている状態から、その結びつきが完全になくなる状態にまで下降させます。

また、125段階の下降の間にある“Parsa”(division・分割)という段階では、さらにより大きな不正が生じ、一度はあったポジティブなつながりではなく、ネガティブなつながりが生じます。

したがって、そのとき各々の人は他者を自分の利益のために利用したいと思うようになります。

その生物は単純に死ぬのではなく、それ自身を完全にむさぼり食ってしまうのです。

この受け取りたい、そして他者を利用したいという願望の中への下落(下降)は、私達が完全にお互いとのつながりを失う状態になるまで続きます。

授与(与えること)の為というポジティブなつながりと、受け取りの為というネガティブなつながりもこれに含まれます。私達はスピリチュアリティーに対して、完全に不一致な状態で存在しており、それに対するなんの知識や実感も持っていません。

これは私達がお互いから分離したことの結果です。

それゆえ、私達の感じているものが“この世”、想像上の現実なのです。

なぜそれが想像上のものなのでしょうか? 

その理由は、創造主が故意に、彼の存在しない錯覚状態を、私達のために創造したからです。

私達には、私達の間のつながり、または絆を修復しなくてはならないことを、理解する機会が与えられています。

私達のつながりが強まる程度にしたがい、私達の魂はこの世界だけの感覚から、無限の世界の感覚へと上昇するようになります。

従って、私達の間のつながりを回復させることが上昇をつくることになるのです。

この理由から、私達がすべての魂たち(創造物の個々の部分のすべてを合わせて)とつながった状態をどの程度想像できるかによって、『ゾハールの書』に対する私達の感謝も増すようになります。

結局のところ、『ゾハールの書』は無限の段階で書かれました。

『ゾハールの書』の著者達は、125段階のすべてを上昇し、その高いところからこの作品を書きました。

そして、そこで彼らは1つにつながっていたのです。

同様に、私達が『ゾハールの書』を勉強するとき、私達は内面で一体化したいという願望を感じる必要があります。

私達には、特別なこつや秘訣などは必要ありませんが、すべては私達のお互いとのつながりの中で達成されることだけを覚えておかなくてはなりません。

実際には、『ゾハールの書』の中で語られていることは、魂の一体化についてだけです。

それは“アダム”という総体的な体系の中での、私達の全魂とのつながりと、如何に私達がすべての魂を一体化させ、是正された健全で、正常に機能する体系をつくるのか、ということを説明します。

ゾハールの語ることはこれだけなのです。

 出典

マイケル・ライトマン
真正なカバラの教えを世界中に提供しているブネイ・バルーフ カバラ教育研究所の創設者及び所長。存在論の教授。哲学及びカバラ博士号取得者。メディカル・バイオ・サイバネティックス修士号取得者。


ゾハールの書