Kabbalah


 

この10年。

 

ずっと追い続けていたことがあります。

 

それは「カバラ」「数秘術」とはどのようなものであるか?です。

 

いろんな書籍を読みました。

和書、洋書、さまざま。

数秘術について、2008年より魅せられ、本質を探しましています。

カバラセンターの会員にもなり、オンラインコースで学んでいます。

 

しかし、どうしても、着手していなかったことがあります。

 

それは、「カバラ」の根源ではないか?と思っている「Zohal  ゾハール」の読書です。

 

このたび、B-Witchというwebsiteを立ち上げ、数秘術の本質は何であるかを探すにつれ、アルファベットを数値に置き換える手法についてを、深く知りたく、数の概念や、アルファベットの成立ち、その他、哲学や数学、なにかの糸口はないか、と、それは今日現在でもかわりはないのですが、ひとつ「はっ!」と、心の中に、一番本質に近いだろうことを、まずはやってみよう!と決心しました。

 

カバラセンターで学びながらの作業となりますので、私自信も、どのような展開になるのかわかりません。

 

毎週、教会の礼拝に出て、聖書研究会に出席しようとも、聖書の本質まで到達することは、できないでしょう。

それと同様に、ゾハールを解読することは、人生そのものを悟ることと同じ。

 

だから、触れてはいけない、そのように思い込んでいました。

 

そう、読む前に。

 

-------------------------

 

 

英訳から和訳になりますので、どこまで本質に迫ることができるかは、わかりませんが、よく考えてみると、所有している「聖書」を気軽に読むことをしている。

 

何か迷ったときにページを捲る「箴言」「伝道の書」と同じように、自分へのメッセージだと、特に牧師先生に尋ねることもなく、習慣となっていること。

 

 

------------------------

 

 

タロットや数秘術に興味のある方、またはプロフェショナルな方へ。

 

 

一度にたくさんはできませんが、1章から順番に掲載していきます。

 

もし、なかに、カバリストでゾーハルに詳しい方がいらっしゃり、修正した方がよいだろうとお感じになりましたら、遠慮なくご連絡ください。

 

 

前へ進んでみます。

 

 

Rii Ujiie