Araki Mizuho

医療系雑貨 生みたて卵屋


 

 

医療系雑貨生みたて卵屋さんは、Araki Mizuhoさんが「医療」をテーマにデザインされた文具・雑貨ブランドです。

イラスト、文書、デザインや設定等全てオリジナルでつくられています。

 

「事実と空想、毒と薬の歴史へ。」

2001年創業、学生時代にアルバイトをされていた歯科医院の影響が強く、歯科関連の商品が主流でした。

現在は医療に関わる歴史をテーマに制作をされています。

人の歴史に医薬あり。

世界の文化と深く絡み合うエピソードを軸に、

ユーザーの興味を集めておられます。

 

店名がの「生みたて卵屋」の由来は、

「アイデアの卵が沢山生まれ(産まれ)ますように。」

という願いを込めているからだそうです。

 

この目標の通り、現在廃盤品を含め500種以上の商品を次々と生み出されています。